コミュニケーションの学校を運営する株式会社ライフコンサルティングです

0120-919-735

無料セミナーはこちら

魅力を最大限に引き出し「成果につなげる」コミュニケーションスクール

『オタメン』が自分のコンプレックス声を変えないと決めたら、『イケメン』になった!

〜自分のコンプレックスである高い声との向き合い方とは!?~

=======================================================

皆さんは『モテ声』というのは、どのような声だと思いますか?きっと、低い声などというかもしれません。

今回は高い声がコンプレックスという

 

 『オタメン』 がコンプレックス声を変えないと決めたら、 『イケメン』 になった

 

という事例をお話していきたいと思います。

 

製品開発をしていたTさんは、自身の高い声で悩んでいました。

理由は、、声が高いと男らしさを相手に感じさせないという事でした。

 

そんな事から高い声にコンプレックスを持っていました。

 

確かに男性は低い声で話すのは良い事ではあります。

しかし低くなくても恋愛や仕事で結果を出すという事では問題はないのです。

 

良く自分は高い声だからと、恋愛やビジネスでのコミュニケーションで自信を持てない人がいますが、そんな事を考えなくても大丈夫です。

基本的に最悪その声を変える必要はありません。

 

では、どうすればよいのか?

 

ではどうすれば良いのかという事を以下に3つ記載していきたいと思います。

 

1. 高い声の人でモテる人を探してみる。

1.は自身の身の回りにいなければテレビなどでも結構ですので探してみて参考にしてみて下さい。

 

2.高い声(声のトーン)以外の部分を鍛えるまたは観察する。

声のトーン以外の事をスキルアップさせていって下さい。例えばテンポ感などです。

高い声でも雰囲気のよい声を表現してみて下さい。

このようにしていくととてもよい感じになると思います。

 

3. 自分に自信を持つ

声を出す前に必要な事はコンプレックスの克服です。

私は授業で『徹底的にコンプレックスを叩き潰して下さい』という事があります。

要は、コンプレックスは持っているのがイケないのではなくてそれを気にして自信を持てないのが良くないといっています。

これらは声以外にも当てはまります。例えば身長が低いなどもそうです。

そのような場合には違う魅力を出せる部分を最大限に伸ばして補っていくことです。

この辺りのブラッシュアップ方法は授業に譲りたいと思います。

==============================

無理に自分の声の高さを変えなくても違う部分を鍛えれば結果はでる!

by坂井敏昭

==============================

無料体験レッスン(説明・見学)

  • 9/24(日)10:00~11:30
    【残席2】(青山校)
  • 9/25(月)19:30~21:00
    【残席3】(青山校)
  • 9/27(水)19:30~21:00
    【残席3】(青山校)
  • 9/29(金)19:30~21:00
    【残席3】(青山校)

0120-919-735

お申し込みフォーム

法人向け研修

フジテレビの放送内容をチェック

動画で見る体験談

カリキュラム修了者から嬉しい報告が続々

フジテレビの放送内容をチェック

フジテレビの放送内容をチェック